航空機搭載制限品について

航空機搭載制限品について(危険物)

お客さま各位 【お願い】

  • ■空港宅配および、国内宅配の一部は航空便輸送となり、内容品に「航空機搭載制限品」(危険物)がある場合、航空機への搭載(輸送)ができません。

    制限品について、以下のとおりご案内いたしますのでご注意をお願い申し上げます。

危険物の例
  • ■航空制限貨物である、火薬類・高圧ガス・引火性液体・可燃性物質類・酸化性物質類・毒物類・放射線物質・腐食性物質。

品名の例
  • ■花火・ライター・ガスボンベ・ヘアスプレー・化粧品(マニキュア・除光液・香水)等となります。
    特に無申告で発見が多い品名は、スプレー缶およびライターとなっております。これらをお荷物へ入れないようご注意をお願い申し上げます。

※尚、受託輸送中に危険品が発見された場合は、輸送中止となりお荷物はご返送となります。




以上、お客さまのご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。
ページの先頭へ戻る