プライバシーポリシー | JAL ABC

株式会社JALエービーシー

menu

プライバシーポリシー

TOP > プライバシーポリシー

株式会社JALエービーシー(以下「当社」といいます)は、高度情報通信社会における情報セキュリティと個人情報保護の重要性を鑑み、以下の方針に基づき会社が保有する情報資産の適正な管理と保護に努めます。
本方針は、当社の情報資産の安全を守るための基本方針であり、情報を保護、維持してゆくために、当社業務に従事する者すべてが、本ポリシーを共通指針として明確に認識し、個々の情報セキュリティ基準を遵守します。

情報資産の定義

情報資産とは、顧客情報、営業情報、財務情報、個人情報・技術ノウハウ等のすべての「情報」及び情報システムを指し、電子・紙などの記憶媒体は問いません。

法令等の遵守

当社は、情報資産の取扱いに関る「個人情報保護法」等の各種法令、ならびに行政機関が定めるガイドラインを遵守し、社内方針・社内規程・ガイドライン等を策定し遵守します。

情報セキュリティー管理体制

当社は、情報資産の保護を目的に、社内における情報セキュリティ管理体制を構築し、情報セキュリティ基準を管理し、常に情報セキュリティの堅牢性を維持、向上させます。

安全対策の実施制

当社は、安全対策を実施し、情報への不正アクセス、情報の紛失・破壊・改ざんおよび漏洩等に対する予防措置を講じます。

全員参加の義務

すべての役職員ならびに、派遣社員、アルバイト、外部委託先常駐者など、当社の施設内において業務を遂行する関係者は、全員が一致協力し、情報セキュリティの安全を保ち、すべての情報資産を法的な要請などの合理的な必然性がない限り公開しません。

教育・啓蒙活動の実施

社員及び当社業務に従事する者に対する教育・啓蒙活動を推進し、情報管理に対する知識習得と意識向上を目指すと共に、情報が適正に管理されるよう周知徹底を図ります。

業務委託先との連携

情報管理に関する業務を他社に委託する場合には、十分な経験・能力を有する者を選定するとともに、情報が適正に管理される企業を委託先として選定し、契約にあたって守秘義務に関する事項等を規定し、情報が適正に管理されることを担保します。

業務改善への取り組み

情報セキュリティの維持が適正に管理されているか定期的にチェックし、継続的に業務改善に取組みます。

事故発生時の対策

万一、事故が発生した場合には、被害を最小限に留めるとともに、速やかに必要な情報を公開し、再発防止策を含む適切な対策を講じます。

相談窓口の明確化

お客様からの問い合わせ、苦情や要望に対応するための相談窓口を定め、誠意をもって迅速に対応します。

方針の公開

本方針を含む情報セキュリティおよび個人情報保護に関する方針をホームページなどに掲載することにより、広く社会に公開します。

PAGE TOPへ
トップへ戻る