沿革 | JAL ABC

株式会社JALエービーシー

menu

沿革

TOP > 企業情報 > 沿革
1977年12月 日航グループ51%・京成電鉄29%・日本通運10%・東京空港交通10%、4社共同出資にて設立
(本社/東京都千代田区丸の内2丁目7番3号 東京ビルディング6階)
1978年05月 新東京国際空港(成田)開港とともに営業開始
東京シティエアターミナルにおいて手荷物宅配サービス業開業
1983年08月 成田市三里塚に手荷物仕分場として「中央センター」を建設
1985年01月 丸の内より築地へ本社移転(中央区築地5-4-14住友築地ビル4F)
1986年10月 JALフライトキャディサービスの業務全面受託
1989年02月 宅配手荷物年間取扱個数100万個突破
1990年02月 スーツケースレンタル及び修理事業の開始(同時に中央区日本橋箱崎町に商事部トラベルプラザを開設)
1990年04月 資本金を5,000万から1億に増資
1990年10月 羽田支店を開設
1992年02月 成田市三里塚にスーツケースの修理工場を建設
1992年11月 西日本パッセンジャー・サービスへの資本参加
1992年12月 成田国際空港第2ターミナルビル共用開始(カウンター新設)
航空手荷物サービスからエイビーシースカイパートナーズに社名変更
羽田空港国際線ターミナル供用開始に伴い、同国際線ターミナル内へ当社カウンター移転
1999年03月 筆頭株主の変更(空港グランドサービス)⇒(日本航空)
ロゴマーク変更abc⇒ABC
2003年04月 エービーシースカイパートナーズからJALエービーシーへ社名変更
2003年06月 携帯電話レンタル事業を開始
2004年03月 手ぶら宅配サービスの取り扱いを開始
2005年06月 中部支店を開設
2009年02月 西日本パッセンジャー・サービスからの事業譲渡に伴い関西支店を開設
2009年04月 羽田国内線第1ターミナルに「ホテル便サービス」カウンターを開設
2010年10月 現在の羽田国際線ターミナル共用開始
2011年02月 WiFiレンタル事業を開始
2011年12月 東京モノレール社と提携し「手ぶらでモノレール」サービスを開始
京成電鉄社と提携し「手ぶらでライナー」サービスを開始
2012年08月 日本郵便(郵パック)利用運送を開始
2013年10月 成田国際空港・羽田空港国際線ターミナルにて「プレミアム宅配サービス」を開始
2014年07月 ホテル宅配サービスにて東京駅の取り扱いを開始
2015年12月 RIMOWAエアポートサービスカウンターを開設
2016年01月 関西地区を対象としたホテル便サービスの取り扱いを開始
PAGE TOPへ
トップへ戻る