社員紹介 総務部 | JAL ABC

株式会社JALエービーシー

menu

社員紹介 総務部

ホーム > 採用情報 > 先輩社員紹介 > 社員紹介 総務部

総務部 経営管理グループ

入社年

2009年

仕事内容

部門別採算制度の管理・資料作成、決算業務等

―現在の仕事内容を教えてください

毎月開催している業績報告会の運営や、自社の収入と費用のマスタープラン(MP)の作成、ならびに管理を行っているのが経営管理グループです。私自身は各部署にて作成されたマスタープランの集計や、部門別採算制度に伴う全社的な収入・費用の見通しを立てたり、業績報告会の運営・資料作成等を担当しています。また、企画財務グループも兼務しているため、請求書の起票や支払業務、決算業務も行っています。

―JALエービーシーを選んだ理由は?

就職活動時は当初、お客さまと直接接することのできる接客業を希望していました。幼少のころから成田空港近郊に住んでいたこともあり、幼い頃から漠然と空港で働いてみたいという憧れの気持ちもどこかにあったかもしれません。必然的に空港での接客業を中心に就職先を探しており、日本におけるフラッグキャリアである日本航空グループで働きたいと思い志望しました。

―仕事でやりがいを感じるときは?

入社当初は空港カウンターでカウンター業務を1年経験し、コールセンターに配属後、 現所属に異動になったのですが、財務経験の全くない私にとって、日々の業務はまさに勉強の連続でした。当時は会社の財務体制の見直し、監査対応など、非常に多忙な日々を送っていたのですが、経験の未熟な私にはどこに課題があるのかさえ分からず、ついていくのが精一杯でした。少しでも尊敬する上司や先輩たちに近づきたいとの思いから、多忙な業務の合間に時間を作って勉強し、無事、簿記検定に合格した時の達成感は今でも忘れられません。現在も会社経営の根幹を担うセクションというプレッシャーは日々感じていますが、各部門の理解を得て、進むべき方針が固まったり、解決に至ったときには何とも言えない達成感を覚えます。

 

―先輩社員からのメッセージ

本社、各空港の支店など、拠点が全国にありますが、非常に風通しのよい、立場を超えて意見交換ができる会社です。 接客業がしたくて入社した私ですが、今は経営管理という立場で会社に関わり、数年単位で異動をし、社内のさまざまな部門で経験を積むことができました。正直なところ、仕事をしていく中で困難な場面というのも、周囲の方々に支えられ、それに応えようとする自身の努力で乗り越えて来たと自負しています。年齢や経験に関係なくチャンスを与えてくれること、新しい事業にも積極的に取り組んでいることも、学生のみなさんには魅力的に感じていただけると思います。チャレンジ精神と向上心の溢れる皆さんのエントリーを心からお待ちしています!

ある日の仕事内容

8:40

8:40

出勤

電車で通勤。8:30~8:40頃に出勤。
出勤したらまずはメールのチェック。

9:00

9:00

訪問

総務部の朝礼後、空港の各支店や推進部から提出された協力対価をシステムに入力。月例の業績報告会に参加いただく各部門の部門長やグループ長のスケジュールの調整。請求書の起票等の財務関連の業務も行う。

12:00

12:00

ランチ

ランチはお弁当を持参しているのでほとんどオフィス内で。
たまに本社周辺(築地)のグルメを楽しむべく、先輩と外食することも。

13:00

13:00

会議

グループミーティング。
中期経営計画について。各部門から提出された数字を元に費用の収入のバランスや数字の見直しなどについてグループ内で意見を交わす。

14:00

14:00

会議

月例で行っている営業部の部門別ミーティングに、経営管理の立場からオブザーバーとして参加。営業部の収入と費用のバランスを見ることが主な目的ではあるが、営業部のメンバーから取引先の動向や今後の取組み、新しい販売施策などの情報共有ができるため、経営計画のための情報収集の場となっている。

16:00

16:00

資料作成

各部門から提出された費用と収入の資料を、全社的な数字に集計し、会議用の資料として編集。期中の計画した予算から見た時の数字の見直しなどを細かくチェック。

18:30

18:30

退勤

残務を片付けて退勤。
上司や同僚と飲みに行くこともあれば、趣味を楽しむ時間に充てたりと、有意義な時間を過ごす。最近は開放的に屋外でクラフトビールを飲むことにはまっています。


先輩社員一覧


PAGE TOPへ
トップへ戻る